うみうしの日誌

~(・ ω ・)~nullnull

草思社

数学小説 確固たる曖昧さ

数学小説 確固たる曖昧さ

数学を題材にした数学は案外多くない。メジャーな所で言うと「博士の愛した数式」「容疑者Xの献身」ぐらいなものではないだろうか。

さて、実はこの小説はまだ読んでいない。が、1つだけ言いたいことがあった。

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)

タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)

タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)

すべて草思社から出版されている。私のツボを完璧に捉えている。
そこにきてこの「数学小説」である。草思社は実は非常に素晴らしい出版社だったんじゃないか。

数学好き と 数学者好き

私は数学が好きだ。
しかし、数学に対する誠実さが自分にはないので「数学好き」を公言することはためらわれていた。
数学を愛している。いるが、どうしても誠実になりきれない。どうしたものかと思っていたところ、この本に出会った。

数学者ザリスキーの生涯

数学者ザリスキーの生涯

内容は全く優しくない。特異点解消の説明なぞ用語すら分からない。正確さを欠かないようにするための広中先生の配慮だろう。こういうところに数学者の誠実さが見える。

さて、この本の序文である。正確には覚えていないが、ザリスキー氏の奥さんの言葉が引用されていた。その内容は
「私は数学が好きなのではなく、数学者が好きなのだと気付いた」
というもの。

この文を読んだとき、私もまさしくその通りなのだと気付いた。
数学は好きだが、それは数学者のことが好きだからだ。愛すべき数学者を少しでも理解するために、私は数学を学ぶ。

それでも、たまには夢想するのだ。自分も数学科に行っていれば、彼らの仲間入りが果たせたのではないかと。

6単語の物語

For sale: baby shoes, never worn
売ります。赤ん坊の靴、未使用

ヘミングウェイ

戦場のニーナ

戦場のニーナ (講談社文庫)

戦場のニーナ (講談社文庫)

正直なところ、国への帰属というか、「自分はまさに○○人なのだ!」という感覚はよく分からない。だが、ニーナはそれで悩んでいる。
外国にでも行けば分かるだろうか。

冷たい方程式

冷たい方程式 (ハヤカワ文庫SF)

冷たい方程式 (ハヤカワ文庫SF)

私は少しハッピーエンドに慣れ過ぎたのかもしれない。

冲方丁「天地明察」より

理を説くこと高尚といえども術を解することうかつなる者はすなわち算学の異端なり
関孝和

理屈を説くのは高尚であるが、術を立てられぬようでは算学として異端である。


私の周りに数学が好きという人は多い。ただ、ややこしい計算やその方法を嫌って、理屈だけを考える人がいる。方針を考えるだけ考え、出来そうだと思うと式を立てずに終わりにしてしまう。私もそうだった。
理屈を考えるのは良いことで、真理に迫れたら素晴らしい。しかし、面倒であってもそこに厳密性を持たせよう。大まかな方針を立てて詰めを甘くすると、実は解けていなかった、何てこともある。

中学生のときの数学研究会の顧問の話によると、フェルマーの最終定理もそうだったのではないかということらしい。
詳しいことは私にはわからないので「非常に大まかな理屈」だけしか言えないのだが、「x^n+y^n=z^nについて、n>2のとき、これを満たす自明でない自然数x,y,zは存在しない」というこの予想は、n=3,4のとき、無限降下法を用いると真であることが証明できるのだ。そのため、n>4でも同様に出来ると考えたのだろう、と先生は言っていた。だが、オイラーがその方法を試みたものの、nが5以上の場合では適用出来なかった。だから、フェルマーには実は最終定理が解けていなかった可能性は十分大きいそうだ。

長くなったが、私が言いたいのは、数学好きを名乗るなら数学に誠実にならなければいけない、ということだ。
精進しよう。

九人のズールー族の女王が中国を治めた

数体系の記号の覚え方。

Nine Zulu Queens Ruled China.

N:自然数(natural numberより)
Z:整数(ドイツ語のzahl「数」より)
Q:有理数(英語のquotient「商」より)
R:実数(real numberより)
C:複素数(complex numberより)

集合の小さい方から順に並んでいる。
ちなみにズールー族とは南アフリカ共和国を中心に居住する、バンツー族の一民族。