うみうしの日誌

~(・ ω ・)~nullnull

奇跡とは

スノーグース (新潮文庫)

スノーグース (新潮文庫)

短編が3つ収められている。
一番最後の「ルドミーラ」がよかった。乳の出ない乳牛の話。奇跡とは何か、という話の提起があり、その点では「本物の魔法使」に近い話である。
私が良いと思ったのは牛の世話をする娘の素振りというか、振る舞い。牛に対して自然に接していて、当たり前に付き合う。印象的だったのが牛と一緒に歩いていて、お腹が空くと、それを満たすものの場所を知っていた、といって搾乳したこと。これをきっかけに乳の乏しかった牛から乳が出てくるようになる。

何だか、上手く言えない。言葉が足りない。とにかく読んでほしい。