うみうしの日誌

~(・ ω ・)~nullnull

進化の現場

カッコウは本来モズなどに托卵をする。カッコウの卵はモズなどより早く孵って、カッコウの雛はまだ目も開かないようなうちに、平らな背中で巣内の他の卵を押し出す。
托卵された親鳥は自分の子供が落とされたことに気付かず、じきに自分よりも大きく成長する雛をせっせと育てることになる。

しかし、最近事情が変わってきているらしい。
モズなどがカッコウを認識すると攻撃して排除しようとするようになったのだ。これは、もともと存在した本能行動ではない。
カッコウもこれに対して適応し、最近はオナガにも托卵をする。卵は托卵先のものに似せる必要があるので、そう簡単に托卵先を変えられるものではない。

これは、まさに生物が進化している瞬間ではないか、という話を聞いた。
なるほど。