うみうしの日誌

~(・ ω ・)~nullnull

牛乳はよくかんで

牛乳をよく噛むように言われるのはお腹を下さないようにするためであるが、それはどのような根拠によるものだろうか。
今日、人と話していてこの話になったので、ふざけていないで彼と二人で少し考えてみた。

そもそも、牛乳を飲んでお腹を壊すのは何故だろうか。それは、牛乳に含まれる乳糖、ラクトースが原因である。(と、断定するのは危ういかもしれない。私の母は脂肪分の多い食事をとると決まってお腹を壊しており、その延長のように牛乳を飲んでもお腹を壊していた。だが、以下に述べるように、一般的には乳糖が原因である。)
実は、人間はラクトースを分解する酵素、ラクターゼを早い段階で分泌しなくなるのである。(離乳のためだと聞いたことがあるが、真偽はわからない。乳飲み子に尋ねるわけにもいかないのだから、結局は推測だ。)代わりに、大腸菌などの腸内の細菌がラクターゼを合成している。そのため、元からこの細菌が少なかったりするような人はラクトースの分解が出来ない。
ラクトースが分解、吸収されないで腸内に残ると、消化された物質等を含む消化液の浸透圧が高くなるので、小腸、大腸における吸水効率が下がる。結果、軟便となる。
つまり、牛乳を飲んでお腹を壊すのは腸の問題であって、口で噛んだところでどうしようもないのではないか、ということになる。

これについて話し合った結果、噛むこと自体にはあまり意味がないのでは?という結論になった。
噛むことがラクトースの消化を助けているとすれば、それはラクトースへの働きではなくラクターゼや大腸菌、ないしは腸への働きだろう。
例えば、口内で温めることでラクターゼの働きやすい環境を作るとか、噛んでラクトース分子同士のゆるい結合をさらに切り離すことで、ラクトースとラクターゼの接する面積を増やすとか(流石に歯に期待し過ぎているか)。全く知らないが、唾液に含まれる物質によって腸や大腸菌が刺激されたり、ラクトースの分解を助けるなにがしかを活性化したりもしているかもしれない。

はっきりしたことは分からないが、言えるのは「やらないよりはまし」ということだ。