うみうしの日誌

~(・ ω ・)~nullnull

道尾秀介 日常の謎

光

久しぶりに道尾秀介を読んだ。「カラスの親指」か「ラットマン」くらいまでで読むのを止めていたので、この本を読んで少し意外に思った。
今まで読んだ道尾秀介作品は、もっと大きな事件があったり、登場人物に暗い過去があったりしていたが、今作はそうではなかった。主人公はごく普通の小学生。事件なんてなく、まさしく日常の謎を扱ったものだった。
いつのまにこういう小説を書くようになったのだろう。