うみうしの日誌

~(・ ω ・)~nullnull

草思社

数学小説 確固たる曖昧さ

数学小説 確固たる曖昧さ

数学を題材にした数学は案外多くない。メジャーな所で言うと「博士の愛した数式」「容疑者Xの献身」ぐらいなものではないだろうか。

さて、実はこの小説はまだ読んでいない。が、1つだけ言いたいことがあった。

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)

タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)

タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)

すべて草思社から出版されている。私のツボを完璧に捉えている。
そこにきてこの「数学小説」である。草思社は実は非常に素晴らしい出版社だったんじゃないか。